人間のSagaを感じる弥生町の鉄板焼Sadaに迷い込んだ話

どうも、僕です◯┐

広島の歓楽街流川のはずれ、弥生町。
こちらでは夜になると、大人の特殊なサービスを段取りするおばちゃんがいます。
僕は広島に滞在するたびにここに足を運び、おばちゃんのネゴシエーションに遭遇するわけです。
妙に怖くて実際にサービスを受けないうちに、おばちゃんの姿を見るのが病みつきになってただただ深夜の弥生町を徘徊するのです。

そんな僕が弥生町で歩き疲れ果ててフラッと飛び込んだのがこちら。
鉄板焼Sadaさん。
カープが好きなんだろうなというのが秒でわかります。

年季の入った年内のテーブルなどがグッときます。
落ち着きます。

選手のサインもたくさんありました。

ナポリタンが超気になったのですが、やはりここはお好み焼きで。

肉玉そば、イカ天もちです。

マヨビームで白く仕上げていきます。

人間の欲というかサガみたいなものを感じる街弥生町。
ここにはまだまだ美味しいものも眠っていそうです。

そいじゃあまた!

目次

鉄板焼 sada

場所:広島県広島市中区弥生町4-12

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる